豆乳でバストアップを目指す上での効果的な飲み方と注意点

By | 2018年6月5日

人間の体同様に女性のバストには個人差があることから、大きさについて悩んでいる人も少なくありません。

バストを効果的に大きくする、いわゆるバストアップの方法は数多くある中で無理のないペースで続けていけることで人気があるのが豆乳の活用です。

そこで今回は、バストアップを目指す上で効果的な豆乳の飲み方や注意点についてご紹介します。

豆乳とバストの関係性

豆乳がバストに与える影響の前に知っておくべきポイントの一つがバストの仕組みになります。

体内に備わっているホルモンは人間の体の健康を維持するために欠かすことはできません。

このホルモン大きく男性と女性の2種類に分けられ、女性ホルモンの一つにエストロゲンと呼ばれる物があります。

このエストロゲンの分泌が乳腺を刺激してバストの成長に繋がるのが基本の仕組みです。

ここで気になるのが豆乳との関係ですが、豆乳に含まれているイソフラボンという栄養素はエストロゲンと非常に似た働きをするとされていて、その結果飲むことで同様の効果が得られると考えられています。

1日の中で最適と言われるタイミング

いくら豆乳によってバストアップの効果が期待できると言っても、いつ飲んでも良いというわけではありません。

1日の中でベストと呼ばれるタイミングがあって、その一つが起床した直後です。

人間の体は空腹の状態では栄養の吸収率が高く、通常時よりも効率の良い栄養補給ができます。

中でも睡眠から目覚めた直後は1日を通して最も高い効果が得られる最適のタイミングです。

そのため、毎日起床と共に豆乳を摂取する習慣を身に付けることが大切と言えます。

そのほかにも、食前や間食代わりの摂取もおすすめです。

豆乳に含まれている大豆サポニンと呼ばれる物質は脳の満腹中枢を刺激するだけでなく、脂肪の燃焼を促す働きがあります。

事前に満腹中枢を刺激しておけば、1回の食事の量を減らすことができてバストアップと共にダイエットの効果も期待できるのです。

豆乳を飲む時の注意点

前述したように豆乳にはエストロゲンと同様の働きをするイソフラボンが含まれていて、飲むことで女性ホルモンの分泌を活発にしてくれます。

しかし、過度な分泌は逆に体内バランスを崩してしまうこともあるので注意が必要です。

女性ならではの特徴の一つに生理がありますが、ホルモンの過剰分泌によって生理の周期が乱れてしまうと言うケースも少なくありません。

こういった理由から、生理期間中の豆乳の飲用は避けることが望ましいと言えます。