バストアップに効果的なトレーニングとは?

トレーニング次第で簡単にバストアップは可能だった

小さな胸や出産後に胸が垂れてきたことをお悩みの女性の方は多いと思います。

確かに年齢と共にバストは下がってくるものなので自然現象といってしまえばそれまでですが、やはりいつまでも綺麗なボディラインを保っていたいものですよね。

実は毎日できる簡単なトレーニングを実施していくだけでバストアップを実現し、綺麗なボディラインを保つことが可能なのです。

「トレーニング」と聞いただけで敬遠しがちな人でも誰でも実践できる方法が存在するのです。

バストアップには大胸筋を鍛えるのが最も効果的

バストアップに欠かせないものは大胸筋を鍛えることです。

大胸筋はバストの土台となっている筋肉でありトレーニングで鍛えることにより胸のアンダーラインを大きくすることが可能となるのです。

筋肉によってアンダーラインが大きくなるとカップ数も上向きます。

これはバストは脂肪が90%、乳腺10%といわれており筋肉がのちに大きな脂肪となりバストアップを可能とするのです。

このような結果バストの垂みを予防し上向きバストを実現することが可能となるのです。

大胸筋やトレーニングと聞くと仰々しい感じがしますが、簡単な3つのトレーニングで誰でも実施できるのです。

大胸筋を鍛えるのに効果的な3つのトレーニング

では実際に3つのトレーニングを紹介していきましょう。

まず一つ目は「合掌ポーズ」というトレーニングです。

胸の前で両手の平を合わせるようにし、両手で押し合う様に力を入れます。

この状態で胸の手前や外側、左右や上下に移動させていくだけのトレーニングです。

この動作を息を吐きながら手前や左右、上下各5回ずつ行うことによって効果が得られます。

このトレーニングは自重の力だけなので、初心者でも簡単にできる初歩的なトレーニングながらバストアップ効果も大きいのでまず第一に行ってほしいトレーニングです。

2つ目は「タオル」を利用したトレーニングです。

まずタオルの両端を左右の手で掴み、その後両腕を下に下ろし、その後バンザイの姿勢になるまでゆっくり持ち上げます。

そして、後ろに手を回していき後ろに回ったら、前にゆっくり戻していきます。

これを10回繰り返すだけでいいのです。

3つ目は「プッシュアップ」トレーニングです。

簡単にいうと腕立て伏せですが、筋肉の無い女性は厳しいと思います。

ですので壁を使いながらやってみたり、膝をつきながら行うとトレーニングしやすくなります。

両手を肩幅ぐらいに開きながら、息を吐いてゆっくりと体を下ろしていくと効果的です。

これも10回程度で十分効果があるので簡単です。

バストアップのトレーニングは継続が力になる

紹介したバストアップのトレーニングは誰でも簡単にできるものです。

ただトレーニングの効果は最低でも3ヶ月過ぎないと現れてこないといわれており根気が必要となってきます。

またトレーニングを一定期間サボってしまうと元通りの体系になってしまうこともよく起こり得ます。

ですのでバストアップのトレーニングで重要なのは、継続して行っていくだといっていいでしょう。

※様々な方法でおっぱいを大きくする方法はあります。

サイトマップ